読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豆八十八霊場巡礼(区切り打ち)出発の前に

はじめまして。

このたび伊豆八十八霊場巡礼(区切り打ち)のスタートを近いうちに控え、その道中を記録に残すべくブログというものを開設してみました。

初めての記事なのでそれなりのことを書いておこうと思ったのですが、文章がまとまらなさそうだったので、出発前の状況・心境を要点だけ書きます。

 

 

◆伊豆八十八霊場とは◆

四国八十八霊場ではないのか…そうです。四国ではないのです。仮にわたしが四国八十八霊場を巡礼するのであればこのくだりは不必要なのですが、伊豆八十八霊場については、もしかしたら聞きなれない方も多いと思いますのでここでしっかりご説明差し上げ…たかったのですが数行書いてみた結果、わたしなんかが語るのは百万年早い気がしたので、

伊豆八十八ヶ所霊場巡礼 | 伊豆88遍路

伊豆霊場振興会さんのホームページをご覧いただければと思います。

こちらのみなさまには出発前に行程の相談に乗っていただき、まだまだベールに包まれた伊豆八十八霊場に対しての不安をかなり解消することができました。大変感謝しております。

修禅寺に「札所0番」というお遍路コミュニティを開設されています。会長の遠藤様は実際に伊豆八十八霊場を歩き遍路(通し打ち)されていますので本当にいろいろなことをご存知です。とても頼もしい方です。わたしの巡礼の行程もおそらく遠藤様たちの歩いた道のりをなぞって行うことが多くなるものと思います。また途中経過などご報告に参ります。ちなみに「札所0番」を訪れるときは事前に連絡入れることをオススメします。

 

◆なぜお遍路に行くのか?◆

冒険心です。

と片付けてしまうのは簡単なので少しだけ経緯をお話しすると今年(2016年)に入ってからというものとにもかくにも絶好調なんです!!「昔から憧れていたこと」「興味があっても機会に恵まれなかったこと」「苦手だと思い込んでいたこと」そういうこと、人、機会との出逢いがおもしろいくらい身の回りにたくさんあることに気が付きました。そして、それらのこと、人、機会はわたしが手を伸ばしさえすれば、その手をがっちりとつかんでくれる存在ばかりでした。そして誓ったんです。

-よし、こうしてご縁だと思ったことは得意不得意にかかわらずすべて挑戦しよう-

おかげさまでこの夏からは自分で自分の首を絞める勢いの忙しさ(苦笑)それらが何なのかは今この場で話題にすることではないと思いますので書く必要が生じたときにこっそりと書くことにします。

とにかく、そうやって出逢ったものの1つが『伊豆八十八霊場』でした。そう、ご縁だと感じたのです。信仰心があるわけでもなく、何かに悩み自分探しをするわけでもない…今年立てた誓いにただただ従順になってみよう。そうして決心したのです。

 

◆なぜブログを書くのか◆

①自己満足

②後に続いてくださる方への道しるべ

前者は言うまでもありません。

後者については、わたしがこの巡礼の計画をするときに伊豆霊場振興会さんの次にお世話になったのが四国を巡礼した方々のブログでした。たくさんの方々が役立つ情報を発信されていて道のりは違えど大変参考になりました。そして、わたしもせっかくその一歩を踏み出すのだから、後に続いて歩いてくださる人にとって少しでも役に立つ情報を記録に残したいと感じるようになりました。もちろん先達はたくさんいらっしゃいますし、わたし一人でなにかやりたいわけでもありません。ちっぽけな1歩で構わないという軽い気持ちです。でもこうしたちっぽけな人間のちっぽけな1歩が、そしてそのあとに続く1歩が生い茂った草を踏みしだき道を作るのだとぼんやり考えるのです。

 

◆お遍路スタイルは?◆

本来であればしっかりとした装束をまとい出発をしたかったのですが、

①伊豆ではあの装束でお遍路さんと認識できる人が少なそうなこと

②伊豆が地元であるため知り合いなどに遭遇したときの気まずさ

この2点から、山ガールスタイル+金剛杖というかなり割愛した格好で巡礼を行うこととしました。これにはかなり悩みましたが、一般の方をビックリさせない、且つわかる人にはかろうじってわかるというスタイルを自分なりに考えた結果です。気を悪くされた方がいたら申し訳ないです。もちろん巡礼の作法は守り、自らの格好についても必要を感じればどんどん改めていくという柔軟な気持ちで行きたいと思います。つらくなったら無理をせず帰る。幸い伊豆に住まう者ですのでその辺は良い意味で軽い気持ちで挑みたいと思います。

 

◆スペック◆

30代前半 独身女子 伊豆半島在住 身長160cm代後半 標準体型

走ることが嫌いなのに週3回のランニング(1日10km以上)がライフワークになってきてしまったしがない事務職員です。30歳過ぎても多趣味で好奇心旺盛で落ち着きのない部類の人間です。

 

 

ということで、こんな調子ではいつ結願するのか全く想像がつきませんが、これからマイペースに更新していきますのでお付き合いよろしくお願いいたします。